スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

ホームヘルパーのお仕事 2

「滞在型」ホームヘルパー

巡回型は、夜間や早朝勤務が中心で、一家庭15?20分程度で限定されたサービスを行います。

それに対して滞在型のサービスは、利用者の自宅に30分以上滞在するもので、平均すると1?3時間程度の滞在になります。主に家族が不在であることが多い平日の昼間、午前9時?午後5時くらいまでの時間帯で多く利用されています。
ホームヘルパーの仕事といえば、この滞在型の仕事を指すのが一般的ではないでしょうか。サービスが求められることが多いのも、この滞在型になります。

サービスの内容は、短時間で業務を行う巡回型とは違い、幅広いものとなります。
食事や洗濯、掃除など一般的な家事の手助けや、入浴や排泄の介護、時には買い物や病院の付き添いなどまで行います。

滞在型は主婦や学生などが多く従事していて、女性のヘルパーが中心となって活躍しています。勤務体系のほとんどが非常勤のパート勤務となり、正社員として働いている人は少なくなっています。

滞在型は利用者と過ごす時間が長く、利用者の生活に密着したものになるので精神的にも大変だと言われていますが、非常勤なので収入が安定していないといった現実もあるようです。ですが、とてもやりがいのある仕事だということには間違いありません。
   
category : - | comments(4) | trackbacks(0)
ページトップ▲

ホームヘルパーのお仕事 1

「巡回型」ホームヘルパー

人のために働くことのできる「ホームヘルパー」は、とてもやりがいのある職業です。
高齢化が進む現代社会において、なくてはならない存在となっているホームヘルパーですが、ホームヘルパーは国家資格ではなく、特別な資格試験というものはありません。
比較的手軽に取得できる資格としても人気のある職業です。

ホームヘルパーによって行われる介護サービスには2種類の体系があり、「巡回型」と「滞在型」とあります。

巡回型は「24時間巡回型」とも呼ばれ、利用者の自宅での滞在時間は15?20分程度となり、限られた時間の中でサービスを行うことになります。自分の勤務する時間帯の中で8軒から10軒ほどの利用者宅を回りますよ。

巡回型サービスの仕事内容は、排泄介助、おむつ交換、また口腔ケアなどがあります。内容は限られたものですが、24時間という名の通り、早朝や深夜でも要請があればいつでも巡回してサービスを行います。
介護というのは、休みがないお仕事ですよね。家族だけで1日中介護するのはかなりの負担となる場合があります。そんな時に役立つのがこのサービスで、早朝や夜間など、家族の負担が大きい時だけ集中して介護のお手伝いをする場合が多くなります。

夜、家族が就寝してしまった後でもヘルパーが訪問してサービスを行う場合もありますよ。その時は、あらかじめ利用者のお家の鍵を預かっておくことになります。
自宅の鍵を預かるということは、利用者からあつく信頼されているヘルパーさんにしかできない仕事ということになりますね。実務経験が豊富で、正社員であるヘルパーが多く従事していますよ。
また、出勤時間が早朝や深夜なので、ヘルパーの安全性を考慮して男性ヘルパーが多いのも特徴的です。
   
category : - | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

ホームヘルパーの資格試験?

ホームヘルパーには特別な資格試験はありません。

厚生労働省が認定している講習を修了して取得する「認定資格」が必要になります。

それなりに時間と労力は必要になり、しっかりとした知識と技術は必要ですが、他の福祉関係の資格と比較すると気軽に取得できる資格だと言えますよね。

ホームヘルパーの資格は、他の福祉系の資格を取得する時にも役立ちますよ。
ホームヘルパー2級を取得してから5年以上の実務経験を積むと、ケアマネージャーの受験資格を得ることができるのです。

また、ホームヘルパー2級、もしくは1級を取得している人は、「介護職員基礎研修」を受ける時に実習や講義の一部が免除されることになっていますよ。
免除の内容は、ホームヘルパーの実務経験と、取得している級によって異なります。
1年以上の実務経験がある2級取得者は350時間の免除、1年以上の実務経験がある1級取得者の場合は440時間が免除されます。

実務経験が1年未満である場合やホームヘルパー3級資格取得者は、免除される時間は0?150時間と短時間に設定されていますよ。

このような事から考えても、福祉や介護の仕事に就きたいと考えているなら、やはりホームヘルパーの資格取得から考えた方が良さそうですよね。ホームヘルパーとして実務経験をしっかり積んでから、新しい資格へと幅を広げていきましょう。
   
category : - | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

ホームヘルパーにできない仕事

要介護者が自立した生活を送るための手助けをする「ホームヘルパー」。
ホームヘルパーには資格試験というものはないので、数ある介護・福祉関係の資格の中でも比較的資格を取得しやすく、人気のある仕事です。
仕事内容は、炊事や洗濯といった一般的な援助の他に、排泄や食事の介助、入浴の手助けなど、直接要介護者の体に触れる援助まで、幅広いものになります。

ですがそうした仕事の中にも、ホームヘルパーが介入できない仕事がいくつかあります。ホームヘルパーの仕事である炊事や掃除は、要介護者のみのお世話しかすることができません。例えば高齢の夫婦で妻が要介護者の場合、夫は料理ができなくても、ヘルパーは妻の分の食事しか作ることができないのです。掃除に関しても同様で、夫がいくら高齢でも、要介護者でない夫の部屋は掃除することはできません。

買い物に関しても制限があり、日常生活で必要なものしか買うことができないことになっています。
利用者がたまにはケーキが食べたいなあ、とか、有名な和菓子屋さんの饅頭が食べたい、と思っても、それらを依頼することはできないのです。
食事に関しても同じです。誕生日やお正月だからといって、特別な食事は作ることはできませんし、掃除も必要最低限の掃除だけです。年末だからといって、大掛かりな掃除はすることはできないことになっています。

また、ホームヘルパーは病院の付き添いをする仕事もありますが、こちらも制限があり、病院が混んでいて待ち時間が長い場合、その間ずっと一緒に待っていることはできないのです。要介護者を一人で待たせるのは心配・・と思う人も多いかと思いますが、たとえ一緒に待ったとしても、その間の報酬は支払われないのです。

現在の介護システムではホームヘルパーの仕事は、あくまでも要介護者の自立を支えるためだけの手助けです。
理不尽な気もしますが、高齢者の生活全体を支えるものではないことを覚えておきましょう。
   
category : - | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

ホームヘルパー資格の取り方と資格体系

ホームヘルパーになるためには資格取得する必要があります。

ホームヘルパーの資格は、特定の講習を受講することでホームヘルパーとして認定される「認定資格」を得ることが出来ます、資格試験はありません。

なお、介護福祉士になるためには国が制定した「国家試験」を受けて合格する必要があります。

また、ホームヘルパー2級を取得してから5年以上の実務経験を積むと、ケアマネージャーの受験資格を得ることができます。


ホームヘルパーの講習課程

3級 50時間講習を受けること認定される

2級 130時間講習を受けること認定される

1級 230時間講習を受けること認定される


ホームヘルプサービスの仕事は資格がなくてもできるのですが、介護保険を利用したサービスを提供する場合、ヘルパー資格取得者であることの前提があります。

また、ホームヘルパーとして就職しようとした場合、「ホームヘルパー2級取得者」が必要条件となっている事業社がほとんどですし、3級取得者と2級取得者では支払われる報酬額に差が生じることから、ホームヘルパー研修を実施する機関のほとんどで2級以上のカリキュラムを設定しています。

上記理由から、大半の人は2級からの資格取得を目指すことになります。
   
category : ホームヘルパーの資格体系 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 1/1   
ホームヘルパー資格試験とはサイトトップへ